☆れいこさんのお部屋へようこそ☆

宮城のこと、大好きな京都や神戸、大阪、そして読んだ本のこと美味しかったものなどを書いています☆彡(時々美術音楽関係とか)

カイジ ファイナルゲーム(ネタバレ注意かも)

f:id:reikosannooheya:20200202161806j:plain


本当の資産とは何かー。

現代社会の世相を反映した内容でした。

オリンピック後の予想される不景気、増税後の

インフレ、搾取される派遣社員、下請け業者。

搾取する側に力強く立ち向かうカイジ

お馴染み鉄骨渡りもやってました。

利根川や一条なんてかわいいもんだと思う位、

あくどく狡い悪役を吉田剛太郎がいい味出していたし、

福士くんも世の中を良くしたいという歪んだ正義感を

持つ悪役だったが、もう少しカイジとの絡みが見たかった

かな。インパクトの割にあら?これで終わり?って

感じでした。(金の卵じゃんけんだけだと寂しい感じが~)

 

カイジって、悪役がいつも社会の真実を捉えたことを

言っていますよね。福士君扮する官僚も「社会福祉費が

かさみすぎて国家予算が逼迫している」という内容の

セリフあったし。

そのために大幅増税しようとしたり、弱者切り捨てしたり。

 

メインゲームは「人間秤」。その人の持つ資産を秤にかけて

重いほうの勝ち。福本先生、ホリエモンの本読んだのかな

という位これからの時代の資産って自分の才能、技術、

応援してくれる人(劇中で3つのF・家族、友人、そしてファン)

と考えているのですね。つまり血のつながりあるなしでなく、

信用できる人にそばにいてもらうこと。

不動産だと周りにヘンな隣人が来ちゃうと価値が下がり、

骨董、絵画は偽物だと価値がない。価値ある場合もあるが、

不動産だとどこかでババを引くパターンがある。

 

技術、工夫、知恵の出し合い、信用できる仲間、なんか

陸王」みたいになってきたから、単純にカイジのギャンブルを

スリリングに楽しみたい方にはちょっと違うと感じた

かもしれません。(工夫しすぎの感じもするかなぁ)

でも、どんな時も冷静に立ち返ることは重要だと思いました。

 

女性と絡むと勝負のカンが鈍るというか、

ラストだからお金を持って勝つところで

終わってほしかったと思うのですが、

そうは行かないみたいで、

お金持ちのカイジにはならないんですね~

女が絡むとだめですね~。

まぁカイジだから、また命がけの勝負に挑んで

欲しいと思いますね。

 カイジがラストなんてなんか寂しい~。

でも近未来に起こりそうな事があって、

それこそ上級国民/下級国民の社会になって

しまう示唆のオープニングには怖くなってしまいました。

 

技術を持つ人や真面目な人の頑張りがが報われる社会に

なってほしいと思います。

ホリエモンも仕事で一番大事な事は

「信頼されること」と「スピード」って言っていたっけ。

 

読んで下さってありがとうございました。