東山魁夷展に行ってきました

f:id:reikosannooheya:20201021135230j:plain

 

(平日の午前だというのに、入場券を買うところから並んでおり人気の高さが

うかがえました。)

コロナのせいもあるかもしれませんが、宮城県美術館でチケットから並ぶのは

始めて見ました。駐車場も満車!(よく東京の美術館とかで人気の

催しだと並んでみることは珍しくないが、仙台だと珍しい~。)

 

f:id:reikosannooheya:20201021134911j:plain

そして中に入ると心癒される魁夷ブルー。海の色が本当に美しくて、

思わず息を飲みました。近くでつめて見ても、少し離して見ても実に

バランスがいいですね。鑑真和尚が何度も日本へ来ようとして、

ついに5回目で失明にも負けずに渡日してくれたガッツに魁夷さんが

感動してこの襖絵を描くことを決意したと解説があり、この襖絵も完成に

何年もかかったと書いてありましたが、確かに下絵とかきちんと

マス目に下書きしてあって、構図などバッハの曲みたいな緻密で

計算された美しさが感じられました。

 

そして、改めて襖や畳も日本の芸術品なのだと思いました。

洋風のリビングよりも和風のお部屋のほうがなんとなく

マッチする気がするのは私だけかなぁ。

 

中国の風景などラフな感じの墨絵も良くて、さすが東山魁夷だと

改めて感じました。

展示を見終わって、レプリカだけど別の絵など日本の自然の美しさって

いいわぁと思いました。京都の桜の絵なんか本当に素敵でした。

 f:id:reikosannooheya:20201021164749j:plain

カフェモーツアルトでパスタランチをいただきました。

カフェもお洒落で美味しかったです。そしてこの県美術館も移転せず

ここにいて欲しいと思います。古くても直して使えばいいと思いますし。

 f:id:reikosannooheya:20201021164821j:plain

(アーティスティックな雰囲気が魅力のカフェモーツアルト。)

お茶してるとお洒落な人に見えてきます。

 

「 冬の岩は生きているように見える、冷たい波に打たれても

逃げるわけでもなく、静かに耐えてそこに佇んでいるさまが美しい」

というようなことが海と波と岩の絵の解説についていて、

観点が素敵だと思いました。そんな感性があんな素晴らしい絵画を

生み出すんですね。久々に心が洗われた時間でした。

会期はまだあるので、まだご覧になっていない方良かったら

どうぞ♡(2020/11/1まで)

 

読んで下さってありがとうございました。